総務省補助事業、IoT指導者養成プログラム

株式会社マキノハラボでは、IoT技術を用いて地域の課題を解決していくリーダーを育成するために「IoT指導者養成プログラム」を開始致します。

地域には課題が散在しています。産業の衰退や人口減少といった大きな話だけではく、交通の便が悪いなど身近な課題もあります。一方で、技術の進歩は目覚ましく、様々な便利なサービスや生活を一変させるような技術も生まれています。

 

なぜ、様々な技術があるにも関わらず、課題が解決されていないのか?

 

それは

 

「技術は存在するのに、使われていないから」

 

より正確に言えば、

 

「技術は存在するのに、使いこなせる人が圧倒的に少ないから」

 

「技術を課題解決に応用できる人がいない」

 

ということです。

 

私たちはこの課題を解決するために、本プログラムを開始することとなりました。

 

本プログラムでは、

・IoT技術を専門家から直接学び

・好きな時間にIoTラボで実験・実践を繰り返すことで、

・実際に地域や社会の課題を解決する

ことができるようになることを目指しています。

 

また、「IoT指導者養成プログラム」ということで、

・参加者自らが課題解決者となるだけではなく、

・課題解決者を増やしていく指導者としても活躍できる

ようになることを目指しています。

 

全7回のワークショップでIoT技術の専門家及び実践家から直接学び、約5か月間の試行錯誤を経て、実際にサービスを生み出します。

 

そして、その経験をもって、課題解決者を増やすために、学校や各コミュニティでエバンジェリストとして課題解決者のコミュニティを形成していきます。

・現状をよくしたいけど、方法が分からない

・技術をもっと学びたい

・仕事で技術を取り入れたい

というような想いのある方に最適なプログラムとなっております。

 

参加費は無料です。想いのある方ならどなたでも参加可能です。

プログラミングスキルも不問です。

 

プログラムの詳細は パンフレット をご覧ください。

 

「技術を課題解決に応用できる人」を増やすことで、地域や社会の課題をボトムアップで解決していきます。

 

この文章を読んでくださっている貴方と一緒に挑戦したいです。

ご参加お待ちしております。

 

申込方法:

・お名前

・ご所属

・電話番号

・メールアドレス

を記入のうえ、

makinofalab@gmail.com

までご連絡ください。